[OFF] 湯けむり温泉旅行ギャラリー

皆様こんにちは!蓮井友人です。



ご存知の方々もいらっしゃる事とは存じますもの、

胸を張って言う事ではありませんが

ヒトとして決して優等生とは言い難かったわたくし…


しかし、義理人情を過去も今でも大切にし、

基本、散々ブツクサ言いながらも

何だかんだで仕事はキチンとしてしまう性質なのです…



根を詰め過ぎたのか、爪が甘かったのか、

何が原因だったか判らないままスルーしていたストレス

いつの間にかのミルフィーユ状態になっており、

導火線に火を点けたメンタルが爆発寸前であった事から

実は今月の頭に大変お恥ずかしいお話なのですが、

遂にストライキを起こしてしまい

組織内で所謂お家騒動になってしまったため

代表とチームの皆さんが、

歩く危険物である蓮井友人処理ついて

懲罰会議ならぬ対策会議を開いてくださいまして

暫くゆとりのボクに更なるゆとりをくださる事となりました;




そんな訳でございまして、

本件を見兼ねた同じ組織のギタリストであるミナツキさん

ボクのリフレッシュも兼ねて温泉旅行へ行こうとお誘い頂き、

先週末にとある山奥に在る温泉へ連れてって頂きました!!!!





数多の有名なホラースポットを通過して、
恐怖と尿意に耐えたのちに辿り着いたのがコチラの秘境です。



(※因みに川にヒトは倒れて居ませんでした。)


綺麗な湯けむりを眺めながら、ヘルシーなお食事を頂きました♪♪

でも多分、コレ霧だと思う。。。


生憎の天気で土砂降りを予想していましたが、

流石の晴男パワー!

幸い小雨で済んだので、露天風呂に浸かれました!!


しかも唯の露天風呂じゃありません。

個室の露天風呂です!!!!


フラグを立ててしまいましたが、

当然の如く撮影禁止下でございましたので

年甲斐もなくバチャバチャ泳いでいる様子や、

男子二人でお湯をキャッキャ掛け合った様子は

自身の脳内保管とさせて頂きます。

責任も持てませんので、ご想像もご遠慮ください;



で、案の定…





ダルんダルん。。。



そんなに焦らなくても幾らでも入れるというのに、

ついついはしゃぎすぎてしまった結果がこの始末orz


この後、無重力マッサージチェアなるものを体験したのですが、

下手な整体やマッサージよりもめちゃめちゃ気持ちよかったですね。

欲しいケド多分何十万とするんだろうなぁ~。。。

悶絶と快楽のダブルアクションで思わず卑猥な声がダダ漏れでした;

や、でもマジ昇天した。

(※疚しい装置ではありませんので悪しからず。)


しかしながら身体を椅子の上に置き去りにしたまま、

魂だけ移動している様な状態になってしまったので

館内の喫茶店で生乳のソフトクリームを頂きました♥♥

お陰様でやっとクールダウンする事が出来ました…。



ソレでは夢見心地のまま…





おやすみなさいませ。






非現実的空間でのんびり寛いで、

また温泉に浸かっては、懲りずにのぼせて

高級そうなシャンプーをお土産に詰め替え…はしませんでしたが

『時間よ止まれ!』と念じなくとも、

時間が止まった様で、心身共に温まる幸せなひとときでした。

今でもまだ実感がなくって、夢オチしそうで怖いれす;



ミナツキさんは本当にボクの良き相談相手で、

事ある毎に電話しては

気を悪くさせちゃう様な話でも、くだらない話でも、

ちゃんと向き合って聴いてくれて

ボクがどんなに嫌われる様な事を言っても、

理不尽に突き放そうとしても

決して見捨てたりなんかしなかった、かけがえのない大切な存在です。


正直、何でボクなんかとずっと仲良くしてくれているのか

判らないぐらいの世界に居る方の筈なのに…

でも、理由はどうであれボクはうれしい気持ちしか湧きません。

いつも彼には感謝の気持ちをどうやって返そうかと悩んでしまいます。

何をしたら彼は喜んでくれるのだろうかって。

そう考えると、ボクもまだまだ彼の知らない所がいっぱいですね。

そーゆー事で、コレからもよろしくねツキさん(笑)



心にゆとりが出来た事で、

目を背けていた事にも視野を広げる事が出来ました。


音楽を始めて、ボクは幸せになりました。

何度も幸せすぎて怖いと記事でも書いた記憶があります。


その何を怖れていたのかが、漸く判りました。



本音を言うとボク、幸福感に疎いんです。


なのでボクが幸せかどうかを計る基準があるんですよ。

ソレが何かと申しますと、恥ずかしくて気色悪いんですケド

ボクの傍に居るものたちが幸せで居てくれている事。

その空間に自分自身が居る事で、

初めてボクは心から幸せって思うんです。



  :(;゙゚'ω゚'):サムッ





蓮井友人