[MEN'S MAKE] 白人風ハイスクール男子編

皆さんこんにちは、蓮井友人です。



作品柄、ボク自身に対して和のイメージが強いかと思いますが

普段は真逆でアメカジやプレッピーなスタイルが定番となっております。


そんな訳で先日おにうのパーカーを買ったのですが、

直近のボクの写真をご覧頂いた方はご察しの通り

夏の撮影から伸ばしっぱなしの浪人黒髪ロング…

スタイリング名人であるユウゾラのクムリソラくんとは対照的に、

ボクはヘアセットが面倒で仕方ないので

ワックスでくしゃくしゃにするか、

ヘアゴムで結ぶだけというお粗末そのものなのですが

残念ながら和洋折衷とはいかなかったので、

本体ごとリニューアルするに至りました。


こんな時に趣味のアイテムが役立ちます(笑)

金髪キャラ用のクリーミーゴールドのウィッグです。

予めオフでも使える様にスタイリストさんにカットして頂いております。

なので被っただけ(笑)


まず肝心なのは目ですが、

ボクは眼球が大きい(悪く言えば奇形っすかね;)のため

一般的なコンタクトのベースカーブが合わず、

ちょっと浮いている状態で黒目がサークルになっています(笑)

今回は"スプラッシュカラー"の、

"アクアティック・アリュール"を使いました。



せっかくですしバレない程度にアイメイクも施しました(笑)


薄い眉毛はコンプレックスですが、こんな時だけ重宝しますね;

ブラウンのペンシルで好きな形に塗り絵してから、

アッシュゴールドのアイブロウマスカラで毛束を補充。。。


ブラウンのアイライナーで上の粘膜だけ恐る恐る引き、

下は目尻だけ引いて指でボカシてあります。

あとはラメ無しのブラウンシャドウで中間色で、

薄い色をアイホール全体に、濃い色を二重の部分に自然に重ねます。

(盛り過ぎたらウィッグをギャル系のものに変えてくださいww)


オンナノコみたいにメイクはガッツリ出来ないので、以上です。

数時間程で目がシパシパしてきたので、帰宅後に即落としました;

改めて日々女性の方々がどれだけ大変かという事に気づきました。。。


男子だってココぞって時は見栄を張りたいものです!

今回はイギリスの大学生をイメージしたのですが、

参考資料の本物は予想以上にオトナっぽかったので

烏滸がましいとは存じ上げながらハイスクール設定に致しました;


たまーに別人になりたい時って誰にでもありますよね?

ボクの様にちょっとしたコンプレックスも解消出来ますし

男子の皆さんにも普段のファッションにプラスして、

是非是非ムーンプリズムパワーを楽しんで頂きたいです♪


蓮井友人